レシピ

いりぬかを使った豆みそ

いりぬかを使った豆みそ

全量の栄養価

エネルギー
817 kcal
たんぱく質
41.5 g
脂質
41.5 g
炭水化物
75.6 g
食塩相当量
12.4 g

特集記事とともに農産物をセットで届ける「魚沼食べる通信」に掲載されているレシピです。
使用している「ひかりのころも」とは、魚沼産コシヒカリの特別栽培米の米ぬかを炒って加工しやすくしたもの。
「ぬかなんて食べられるの?!」と思うかもしれませんが、とっても栄養豊富ですし、それに何より、これをご飯にかけて食べたら玄米を食べているのと同じことになります。
お試しになりたい方は魚沼元氣ごはんHPへ。

材料 (4人分)

いり大豆
カップ1/2
大さじ1と1/2
みそ
100g
ひかりのころも(炒り米ぬか)
大さじ2
砂糖
大さじ2
みりん
大さじ1

レシピ

  1. フライパンに油をひき、弱火でいり大豆を炒めます。
  2. みそ、ひかりのころも(炒り米ぬか)、砂糖、みりんを練って混ぜます。
  3. 1に2を入れて火が通るまでよく混ぜて、完成です。

一口メモ

どうしても米ぬかが手に入らない場合は、少し柔らかくなりますが、米ぬかが無くてもできます。
ごはんによく合う、昔ながらの常備食です。歯ごたえのよさが後を引きます。
炒った米ぬかを加えることでコクと香ばしさが増し、食物繊維やビタミンB1が増します。

カテゴリ: 副菜・秋・冬・地場産農産物・魚沼の郷土料理