お知らせ

肉の加熱不足による食中毒に注意しましょう !

◆これからの時期は、温度や湿度が高くなり、食中毒の原因となる細菌が増殖します。原因となる食中毒菌はカンピロバクターといい、細菌による食中毒の中で発生件数の大半を占めています。原因となる食品は、加熱不足の鶏肉や豚肉、牛肉です。また菌が調理器具や手指に付くことで起こる二次汚染があります。
 肉類を食べる時は中心部まで十分加熱(75℃で1分間以上)しましょう。そして調理に使用した包丁やまな板は、その都度よく洗浄及び消毒をして、菌の汚染を広げないようにしましょう。

 ★食中毒予防の三原則の「付けない、増やさない、やっつける」をきちんと守り、食中毒をなくしましょう!

 

◆お問い合わせ:市健康増進課

◆電話:025-792-9763