お知らせ

ノロウイルスによる食中毒に注意しましょう!

◆ノロウイルスは、手指や食品などを介して口から感染、人の腸管内で増殖し、約1~2日後に、おう吐、下痢、腹痛などの胃腸炎症状や軽い発熱などを起こします。特に冬季に流行します。

 ●次のポイントを守り、食中毒を予防しましょう!

  ①こまめな手洗い

   トイレ後、調理前と作業ごと、汚物にふれた後などに、流水と石けんで良く手を洗う。 (二度洗いが効果的)

  ②食品の十分な加熱

   85~90℃で90秒以上、中心まで加熱する。

  ③消毒

   次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤や煮沸消毒が有効です。消毒用アルコールや逆性石けんによる消毒は、あまり効果がありません。

 

 お問合せは 健康課健康増進室 まで 025-792-9763