お知らせ

災害時にも役立つ「パッククッキング」のご紹介

災害時でも、日常でも、一人暮らしでも、お子さんとでも簡単に作れる「パッククッキング」。
小学校の防災教育、地域の防災訓練でも行っています。もしもの時に備えて覚えておくと便利です。

パッククッキングとは、ポリ袋に食材を入れて湯せんで火を通す調理法です。
ガスや水道、電気などのライフラインが使えなくなっても、カセットコンロ、鍋、水、ポリ袋を準備すれば簡単な食事を作って食べることができます。

パック鍋

●主食からデザートまで多種多様な食事が作れます                       
●1つの鍋で同時に調理ができ、何回でも水が使えます
●材料を切って入れるだけ。どんな料理でも20分煮るだけ

パンフレットでご紹介 ↓
  パッククッキングパンフレット

印刷・配布OKですのでご活用ください。

 

レシピ検索はこちらから
     ↓
パッククッキングレシピ